セラフィット フュージョンを長持ちさせる方法と長く愛用する秘訣!

 

セラフィットのお手入れ方法

 

セラフィット フュージョンを購入すると説明書と虎の巻という、
長くセラフィット フュージョンを愛用するための冊子のようなものが付いています。

 

この2つがあれば基本的に困る事はほぼありませんし、
基本的なお手入れ方法からトラブル対応、また使い方まで詳しく記載されています。

 

その中でも長く愛用するための秘訣!
という事で私がセラフィットを使用していて大事だと感じる部分をご紹介します^^

 

 

私的!長く愛用する為に大事な3つの秘訣!

 

定期的の油通しをめんどくさがらずにするべし!

 

 

油通し

 

セラフィット フュージョンに付属している虎の巻でも記載しているんですが
「よい品質はよいお手入れから」ずばりその通りですよね。

 

油通しをちゃんと定期的にするかしないかで料理をする時の快適さが全然違ってくるので
メンドクサイと思うかもしれませんがお手入れしておくようにしましょう。

 

せっかく高いお金を出して購入したフライパンなので愛着を持って長く愛用していきたいものですね^^

 

 

セラフィット フュージョンが届いたら油通しを※画像付きで紹介※

 

 

 

火加減は常に弱火から中火で使用するべし!

 

 

火加減

 

セラフィット フュージョンは
熱伝導が良いのでフライパンが温まりやすくなっています。

 

なので火加減は強くても中火までにして、
基本的には弱火で料理すると良いと思います。

 

それでも十分ですので^^

 

逆に強火で使用してしまう事で熱伝導率が良い分、
ほかのフライパンに比べ焦げ付きやすくなってしまい最悪、
セラフィット フュージョンを痛める原因になってしまいますので注意しましょう。

 

 

セラフィット フュージョンのお手入れ方法<焦げ付いた時の対処も>

 

 

 

料理した後は熱をさましてから洗うべし!

 

 

料理後は冷めてからぬるま湯で洗う

 

今までのフライパンだと料理をした後
汚れをすぐに落とした方がよく落ちるから!と洗っていたと思います。

 

実際に今までの私もそうでした^^;

 

ですがコレ!
セラフィット フュージョンでは絶対やめておきましょう・・・

 

その理由はフライパンの変形や
コーティングの劣化に繋がる可能性があるからです。

 

熱くなっている状態でいきなり冷た〜い水につけると、
フライパンはその温度差にビックリしてしまう訳ですね・・・^^;

 

私たち人間も冷たい水からぬるま湯に手を入れるだけで熱く感じるぢゃないですか?
結局その強力バージョンなので良くないんです。

 

なので熱が冷めてからぬるま湯で洗うのが一番ベストですね。

 

もし汚れが気になるという場合にはキッチンペーパーを少し湿らせて
汚れを拭き取っておくだけでもかなり綺麗になるので試してみてください^^

 

 

あなたの参考になる記事はこちら!

 

セラフィット フュージョンが届いたら油通しを※画像付きで紹介※

セラフィット フュージョンのお手入れ方法<焦げ付いた時の対処も>