セラフィットとセラフィット フュージョンの違いを詳しく比較!

 

セラフィットとセラフィット フュージョン

 

セラフィットとセラフィット フュージョンを、
どちらも使った事があるからこそ分かった違いをご紹介していきます。

 

まずは公式サイトにも記載されている違いを確認して、
それぞれ本当に違いはあるのかという事を分かる範囲ですが検証したいと思います^^

 

 

種類

セラフィット フュージョン

セラフィット

取っ手

着脱式で取り外し可能

固定で取り外し不可

コーティング

ダブルセラミックコーティング

セラミックコーティング

フライパンのサイズ

28cm/直径288mm×高さ60mm

24cm/直径248mm×高さ50mm

20cm/直径208mm×高さ45mm

28cm/直径288mm×高さ約53mm

24cm/直径248mm×高さ約48mm

20cm/直径208mm×高さ約43mm

その他

さらに熱伝導性がUP

-

 

こちらは公式サイトやほかの情報サイトでも紹介されていますが、
言葉で言われても実際分かりにくですよね・・・

 

そこで写真や動画でより違いが分かり易いようにご紹介していきます^^

 

 

今回の徹底検証の内容はコチラ!

 

  • フライパンのサイズの違いはどんなものか?
  • 取っ手の違いで収納や利便性は変わるのか?
  • 熱伝導率はどのくらい違うのか?卵焼きで検証!

 

 

フライパンのサイズの違いはどんなものか?

 

 

セラフィット フュージョンのサイズ感

 

フライパンのサイズに関しては大きいサイズは、
セラフィット フュージョンの方が深さがあるから料理の幅が広がります^^

 

20cmの小さいサイズと24cmの中サイズに関しては、
実際に並べて比べてみてもそんなに違いは分かりづらい感じですね。

 

ただ主婦の場合は大きいサイズを使う事も多いので、
セラフィットよりも深さがあるというのは大きなメリットと言えます!

 

 

取っ手の違いで収納や利便性は変わるのか?

 

 

利便性

 

セラフィットを重ねた状態

 

これはセラフィット フュージョンを重ねた場合の大きさになります。

 

通常のセラフィットに関しては取っ手が付いている分重ねづらいという点と、
収納した時に長さがあるのでスペースを作らないと大きいので収納しづらいと感じます^^;

 

置き場所があるのなら問題ないかと思うんですが、
私の住んでいる所は収納スペースが広くないのでフュージョンの方が助かります!

 

 

熱伝導率はどのくらい違うのか?卵焼きで検証!

 

 

 

セラフィットとセラフィット フュージョンで同時に玉子焼きを焼いてみました。

 

画像だとなかなか伝わりにくいというのがあったので、
今回は動画を実際に撮ってYou tubeでUPしたので御覧ください。

 

結果としてはどちらも焦げ付きもせず、
綺麗に焼けましたし「すべーる」を少し体感する事も出来ました^^

 

ただセラフィットとセラフィット フュージョンの
熱伝導の違いについてはあまり変わらないような感じがします。

 

2分54秒あたりでは少しどじってますが許してください・・・笑

 

 

セラフィットとセラフィット フュージョンを比較した結果!

 

私の個人的な意見としては、
セラフィット フュージョンの方が使いやすいです!

 

熱伝導は対して変わらないですが、
フライパンの深さがあるので便利だし収納もコンパクトで良い^^

 

どっちも良いフライパンなので、
あとはあなたに合うと思う方を選べば良いかと思います!

 

 

 

この記事を読まれている方はコチラもよく読まれています!

 

セラフィット フュージョンの口コミ※実際に購入した主婦のホンネ※

セラフィット フュージョンを最安値で購入するのは待て※注意点あり