セラフィット フュージョンのお手入れ方法<焦げ付いた時の対処も>

 

セラフィット フュージョンのお手入れ方法について!

 

お手入れというよりは毎日使用する際に気を付けておくポイントとなっていて、とても大事な事なので理解しておきましょう。

 

  • 洗う際の注意点
  • 保管をする際の注意点
  • 変色した場合の対処方法
  • 焦げ付いた場合の対処方法

 

 

セラフィット フュージョンを洗う際の注意点!

 

 

セラフィット フュージョンを洗う

 

通常のフライパンを使用する時によくやりがちなんですが、
料理をした後のアツアツのフライパンを「ジューッ」と冷たい水にすぐ付けますよね?

 

セラフィット フュージョンはこれをしないように説明書に書いています^^;

 

理由は熱い状態の時に冷たい水につけると、
温度の差が激しいから変形とかコーティングの劣化の原因になるらしいです。

 

なので洗う際には料理したあとフライパンの熱がある程度冷めてから、
ぬるま湯くらいで中性洗剤で洗うようにします。

 

すぐ洗わないと汚れ落ちないんぢゃないの?
と心配になるかもしれませんが簡単に綺麗に落ちるので安心して下さい^^

 

ただ油通しをさぼって放置すると焦げ付きますが・・・笑

 

 

セラフィット フュージョンが届いたら油通しを※画像付きで紹介※

 

 

セラフィット フュージョンを保管する際の注意点!

 

 

セラフィット フュージョンを保管する

 

次に気を付けてほしいのがセラフィット フュージョンの保管についての注意点です。

 

先ほど説明した手順でセラフィット フュージョンを洗ったあとには、
ペーパータオルとか綺麗なふきんで水気を必ず拭いてから保管しましょう。

 

普通のフライパンでも濡れたまま保管はしないと思うんですが、
もし濡れた状態のままフライパンを保管すると蒸発残留物というのが、
表面のコーティングについてしまって焦げの原因になるらしいです^^;

 

すぐに終わる事なんでサッと拭き取っちゃいましょう!

 

 

セラフィット フュージョンが変色した場合の対処方法!

 

 

セラフィット フュージョンを変色した

 

変色した場合の対処方法という事なんですが、
フライパンの表面に少し色がついてしまう事もやっぱりあります。

 

セラフィット フュージョンは白色なんで、
変色したら特に目立つので気になっちゃいますよね^^;

 

変色してもセラミックコーティングの性能に支障はないみたいですが、
気になる場合には酢(ホワイトビネガー)を少量いれて加熱すると薄くなる場合もあります。

 

なので変色してしまって気になる!
という場合には試してみる価値はあるかと思います^^

 

 

セラフィット フュージョンが焦げ付いた場合の対処方法!

 

 

 

最後に焦げ付いてしまった場合の対処方法を説明します。

 

すべーる!と話題のセラフィット フュージョンですが、
100%焦げないのか?と言うと焦げ付く事はやっぱりあります^^;

 

油通しをさぼった時もそうですが、
調味料なんかは焦げ付きやすいです。

 

慌てて金属たわしなんかでゴシゴシ洗っちゃダメですよ・・・
そんな時にはちゃんと対処方法が動画で紹介されているので確認しましょう!

 

  • 水1Lに対して重層を20g溶かし焦げ付いた部分を浸す
  • 軽く沸騰するまで火にかける
  • 沸騰後は火を止めて水を留めたまま室温で2時間ほど置く
  • 重層水を捨てて中の汚れをふき取る
  • 汚れが気になる場合には中性洗剤などで洗う

 

簡単にまとめると手順はこのようになっているので、
もし焦げ付いてしまった時は慌てずに冷静に対処していきましょうね^^

 

 

以上がセラフィット フュージョンのお手入れ方法になります。

 

日常で使用する際やちょっとしたトラブルの場合には、
上記で紹介して事で解決できるかと思いますが、
それでもダメだ場合にはショップジャパンさんに相談する方が良いかと思います。

 

1年保障も付いているので、
どうしてもダメな場合には交換もしてくれると思います^^

 

 

こちらの記事も読んでおくと役立ちます!